CONCEPT FIND MY PLACE らしく すむ

MYPLACE Web Magazine らしくすむ

2020.06.01 リノベーション 住まい

リノベマンション購入+あとからプチリノベが楽しい

リノベーション済みマンションは、プロの手で新築同様にキレイになっているのが大きなメリットです。住みやすさを追求し、設備も内装も最新のものになっています。でも、好みやライフスタイルなどによって、「ここの色が自分の好みと違う・・・」「ここに棚があったら・・・」「収納したいものに合わせた収納をつくりたい」などと、感じることもあるかもしれません。

そんな時はリノベーション済みマンションを購入した後で、「プチリノベ」をしてみませんか?

あとからプチリノベのすすめ

リノベーション済みマンションは、水回り、動線、間取りなど、プロが最適なリノベーションを施した後なので、小規模なリノベーションをするのに向いているんです。
中古マンションを購入して、自分でリノベーションする場合、理想を反映して、全て自分の好みにすることはできますが、イチから作るので労力と時間がかかります。

そこまで労力は掛けられないけど、インテリアのテイストにこだわりがある、自分のライフスタイルに合った住まいにしたい、といった方には、プチリノベがぴったり!部分的にリノベーションしたら、もっとお気に入りの住まいになるはずです。
例えば、
・ドアを変える
・壁紙を変える、塗る
・棚やカウンターを作る
など、こだわりのある部分を自分好みの空間にすれば、より生活が楽しくなります。

こんなプチリノベがおすすめです!
アクセントクロスを貼る

部屋の全体ではなく、一面や一部分だけクロスを変えるのを「アクセントクロス」と言います。選ぶ壁紙によって雰囲気がかなり変わるので、好みの色に変えてみると、より心地よい空間になります。トイレの壁の一面だけなど、狭い範囲には、柄物やビビッドな色の壁紙もおすすめです。

もちろん、リノベーション会社に依頼することもできますが、最近は、壁紙を自分で貼れるキットなども販売されていますので、楽しみながら貼ってみるのもよいですね。

有孔ボードを貼る

壁面を有効活用できる有孔ボード(パンチングボード)を貼るのもおすすめです。貼る場所や大きさにもよりますが、ホームセンターなどで手に入る「パンチングボード用石膏ボード止め具セット」を使うと、簡単に取り付けることができます。

専用のフックや棚を使えば、小物の収納、グリーンを飾る、フォトフレームやアートを飾るなど、アイディアによって活用方法は無限大です。ボードを好きな色にペイントするのも楽しいですよ。

自己判断でやると危険なリノベーションとは?

最近は、従来だとプロに依頼していたような内容も、自分でリノベーションを楽しむ人が増えています。自分でプランを立てたり、材料を選んだりと、つくっていく作業は楽しいですよね。ただ、プチリノベではなく、本格的に間取りを変えたい、床を張り替えたい、といったことになった場合、特にマンションでは、リノベーション工事の際に、気を付けておかなければいけないことがあります。

●床の張替に制限がある場合

マンションの管理規約によって、床の張替に制限があることがあります。知らずに床を変えてしまって、規約違反になってしまった、ということがないよう、事前に確認するようにしましょう。

例えば、カーペットからフローリングへの張替が禁止、という規約や、フローリングの防音性能が指定されている、といったケースがあります。

●壁の取り壊しは注意

間取りを変えたい、空間を広くしたい、と思った時は、壁の取り壊しを検討することもあるかもしれません。ただ、見た目で不要な壁だと思っても、構造上壊せない壁があります。

室内の壁には「耐力壁」と「非耐力壁」の2種類あり、「耐力壁」は、建物の構造を支えている壁です。地震などの力に抵抗する役割があるので、うっかり壊してしまうと、建物全体の耐震性に影響を与えることもあります。

「非耐力壁」は、間仕切りだけを目的とした壁なので、リノベーションの際に壊すことができます。「耐力壁」か「非耐力壁」かは、専門の知識がないと判断することは難しいので、自己判断は避け、プロの手を借りるようにしてください。

●水・電気・ガス周りはプロに

実は、ガス・電気工事は、資格のない方が行うと違法になります。

スイッチやコンセントのプレートを、自分好みのものに変えるのは、資格がなくてもできますが、コンセント・スイッチの交換や接続に関わってくるものは、プロに任せるようにしましょう。水回りについても、プロに任せるのが安心です。インフラに関わる部分ですので、安全のためにも自分では行わないようにしてくださいね。

壁紙を替える程度のプチリノベから、床張り替えなど中規模なものまで、リノベーション済みマンションなら、入居してから落ち着いて考えられます。実際に住んでみて気付いたことをふまえて計画できるので、失敗がありません。

リノベーション済みマンションを内見しながら、「ここをもっと自分好みに・・・」など、イメージを膨らませるのも楽しいですね。