CONCEPT FIND MY PLACE らしく すむ

MYPLACE Web Magazine らしくすむ

2021.03.22 グリーン インテリア

グリーンのある暮らしで、リラクシングな毎日を

家を“自分にとって安らげる場所にしたい”と考えた時、観葉植物や花といったグリーンを生活に取り入れるのが効果的です。

例えば、多くの公共施設や病院では、グリーンが意図的に配置されています。これは、来訪者やスタッフに、癒し・やすらぎ・安心感を与えることが目的。家も同様に、グリーンを取り入れることで、リラックス感漂う、心地良い空間にすることができます。

グリーンを楽しむヒント

アーティフィシャルグリーンを取り入れてみる

家にグリーンを置きたいと思っても、お手入れのことを考えると敬遠してしまう方も少なくないはず。例えば、家を空けることが多い方など、グリーンのお手入れが難しい場合もあるかもしれません。もし枯らしてしまったら、リラックスどころか、ネガティブな感情になってしまいそうです。

グリーンの成長過程や、お手入れの時間を楽しみたい方には、本物のグリーンが向いていますが、お手入れに敷居の高さを感じる方は、人工の観葉植物である「アーティフィシャルグリーン」(フェイクグリーンとも呼ばれています)を取り入れてみてはいかがでしょうか。

人工といっても、最近は精巧に作られていて、本物のように見えるものが多くなっています。お手入れの手間が掛からないのはもちろん、陽当たりを気にする必要がないので、場所を選ばずに配置することができます。

グリーンの配置は「高さ」を意識

グリーンをワンポイントで配置するだけでも雰囲気が変わりますが、より“緑に囲まれた空間”にするためには、「高さ」を意識して色々な種類のグリーンをレイアウトしてみましょう。

「存在感のある大きめのグリーン」は、インテリアの主役に。下の写真の例だと、ソファに座った時、葉がちょうど目線~目線より少し高い位置にくるので、たくさんの緑が視界に入ります。

「吊るすグリーン」は、空間に立体感を生み、より“グリーンに囲まれている感”を演出することができます。アーティフィシャルグリーンを使い、照明に絡めてみるのも素敵です。
 

鉢カバーを楽しむ

バスケットやぺーパーバッグを鉢カバーにすると、インテリア性が高まります。グリーンが複数ある場合は、テイストを揃えると、統一感が出てスッキリとした空間になりますし、あえてバラバラなテイストの鉢カバーにすれば、個性的な空間に仕上がります。
 

グリーンに囲まれたリラクシングな生活

SCENE1/休日の朝は、グリーンの中でゆったり朝ごはん

オフの日の朝は、少し丁寧な朝食を。お腹をゆっくりと温めて、コンディションを整えたら、有意義な休日が始まることでしょう。

― お粥でやさしい朝ごはん ―

【レシピ/鶏肉と生姜の中華粥】
ちょっと疲れが出ている日も、鶏肉の旨味でサラっと食べられて、体もポカポカ温まります。
◇材料(2人前)
・炊いたご飯          100g
・鶏肉(ムネ肉orもも肉)    50g
・しょうがすりおろし      ひとかけ(チューブでも可)
・水              400ml
・料理酒            大さじ1
・鶏ガラスープの素       小さじ1
・ごま油            少々
・トッピング用食材(お好みで) 刻み搾菜・ピータン・青ネギ

◇作り方
①鍋にごま油以外の材料を入れ、中火にかけます。沸騰したら弱火にします。
②10~15分程度、ご飯がお好みの固さになるまで煮る。
③お好みのトッピングを乗せたら、最後にごま油をひとかけする。

SCENE2/ボタニカルなバーで、自家製カクテルを

“家飲み”も、グリーンに囲まれた空間なら、日ごろの忙しさから心身ともに開放されて、ゆったりとお酒を楽しめそうです。缶のお酒をプシュッと開けるのも手軽ですが、たまには、自家製カクテルでバーのような特別感を楽しんでみるのもよいかもしれません。

― 見た目にもリラックス感。ハーブを使った自家製カクテル ―

【レシピ/爽やかモヒート】

たっぷり使ったミントと、ライムの香りが清涼感を誘います。
ミントには、精神的な緊張を和らげてくれる効果が期待でき、リラックスタイムに味わいたい一杯です。

◇材料
・ホワイトラム     40ml
・シュガーシロップ   5~10ml
・フレッシュミント   適量(気持ち多め)
・フレッシュライム   1/6カット
・ソーダ水       適量

◇作り方
①グラスにフレッシュミントとシュガーシロップを入れ、マッシャーでつぶす。
②ライムを絞り入れ、ホワイトラムを加えて混ぜ合わせる。
③グラスをクラッシュアイスで満たし、液体を冷やすように混ぜ合わせる。
④ソーダ水で満たし、もう一度混ぜ合わせる。
⑤ストローと飾りのミントを添えたら完成。
 

【レシピ/桃とバジルのジントニック】

桃のほんのりとした甘さが口当たり良く、バジルの香りも楽しめます。
バジルには、不安感やイライラを鎮めてくれる効果があると言われており、一日の疲れを癒してくれそうです。

◇材料
・ドライ・ジン      30ml
・桃(桃缶でも可)    1/2個
・フレッシュバジル    3枚
・フレッシュライム    1/6カット
・トニックウォーター   適量

◇作り方
①グラスに皮をむいた桃とフレッシュバジルを入れ、マッシャーでつぶす。
②ドライ・ジンとライムを絞り入れ、クラッシュアイスを入れて冷やし混ぜ合わせる。
③トニックウォーターを注ぎ、炭酸が抜けないように軽く混ぜ合わせる。
④ストローと飾りのバジルを添えたら完成。

今回ご紹介した2つの自家製カクテルは、スーパーマーケットなどで手に入りやすいものを使っています。手軽に“おうちバー”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

―――――――――――――――――――――――――

グリーンのある空間は、部屋のおしゃれ度が上がるだけでなく、自然との接点を感じ、癒しを得ることができます。
「いつもより丁寧に朝ごはんを作ってみよう」「オリジナルのハーブティーをつくってみよう」など、ゆったりした気持ちになり、きっと豊かな時間を過ごすことができるはずです。
 

<リノベーション事例>
“植物に囲まれたリラクシングな暮らし” MAISON BOTANIQUE(メゾン・ボタニーク)

MYPLACE