CONCEPT FIND MY PLACE らしく すむ

MYPLACE Web Magazine らしくすむ

2020.12.28 住まい探し インタビュー

「間取れる」リノベでつくる、すべてが自分にフィットする住まい

自分のライフスタイルに合った、オリジナルの住まいを手に入れたい。かと言って、ゼロから間取りを考えるのは大変・・・。
そのように、リノベーションに対して少し敷居の高さを感じている方も、安心してリノベーションを進められるのが、マイプレイスの「間取れる」です。

物件はスケルトンの状態。もちろん、自分で間取りや、こだわりたい部分を考えることができますし、異なる間取り・内装のプランもご用意しているので、その中から選んで頂くことも可能です。間取りをゼロから考えるのは大変ですが、いくつかのプランがあれば、イメージが湧きやすく、理想をカタチにしていくことができます。

今回は、実際に「間取れる」のプランを利用し、リノベーションで理想の住まいをカタチにされたMさまにお話しを伺いました。
 

Interview
なかなか理想的な物件が見つからず、1年近く住まい探しをしていたMさま。こちらの物件を見つけ、これだ!とピンと来て、すぐにお問合せを下さったとか。完成したばかりのお宅におじゃまし、リノベーションストーリーを伺いました。

所在地:神奈川県川崎市中原区
面 積:55.52㎡
居住者構成:シングル

リノベプランがある物件って、他にはありませんでした

―おじゃましてすぐに目を引いたのが、2台の自転車です!

自転車が趣味で、ロードバイクとクロスバイクを持っています。今までも2台をリビングに置いていましたが、場所をとってしまっていたので、ちょうどよく置ける物件があるといいなと思っていました。物件を内覧するときも、自転車をどこに置こうかっていう視点で見ていましたね。

自転車を置く場所の他にも、アクセスの良さ、住宅ローン控除を使える面積や築年数など、色々と希望の条件があって、1年近く物件探しをしていました。でも、どれか条件がよいと、他の何かを妥協しなければいけないものばかりでした。このエリアは新築だと結構金額が高いので予算外だと思っていましたが、この物件は、まず予算が一致していました。

中古物件だと、最初からリフォームされているところが多いですよね。それだと間取りが気に入らないことがよくありました。「間取れる」のように、出来上がった状態ではなく、自分で間取りを決められる物件は今までなかったので、見た瞬間にこれだと思ったんです。迷いなく、進めてください、という感じでした。

それと「間取れる」は、物件価格がいくら、リノベーション費用がいくらと最初から提示されていたので、その分かりやすさもよかったです。

ベースプランに他プランの良いところを取り入れました

―今回の「間取れる」ではA~Dの4つのプランがありましたが、Mさまが選ばれたのはプランCの「Vintage」でしたね。

4つのプランは、どれもセンスが良いと感じて、結構迷いました。4つのプランには、それぞれ「Simple」「Nordic」などコンセプトを表す言葉があって、今まで物件といえば、間取りだけを意識していましたが、そういう雰囲気から選ぶ概念もあるのかと思いましたね。「Vintage」のプランは、資料のイメージ写真が気に入って、壁紙をイメージ写真と同じような感じにしたいとお願いしました。

間取りとしても、プランCはよかったですね。回遊動線というのを、はじめて知ったのですが、プランを見た時に、行き止まりがなく、玄関から洗面所を抜けて寝室に行けるのが、良さそうだと感じました。実際住んでみて、この動線は便利なので、このプランにして正解でした。それから、(横長の)リビングの形もよかったです。生活スペースと、仕事・趣味の場所とを分けて使っています。

ベースはプランCにして、ほかのプランからも良いと思ったところを取り入れています。例えば、プランCでは、リビングが室内窓で仕切られていましたが、他のプランで「ゆったりリビング」というのがあっていいなと思ったので、仕切りは無しにしました。
あと、キッチンは、他のプランで見た対面式が気に入ったので、変更してもらいました。


プランCをベースにカスタマイズした間取り

数センチ単位の調整で叶えた自転車スペース

―ベースとなるプランを選んでから、ご希望を反映していったのですね。
自転車を置くスペースは、プランCだと狭かったとか。

プランCは、玄関から近い場所に自転車を置けるのが良かったのですが、自転車が廊下を狭めてしまうので、スペースを広げるために、数センチ単位で色々な箇所の調整をお願いしました。それから、壁に自転車を掛けるためには、下地が必要だとアドバイスされて、そちらもお願いしました。2台、ピッタリと置くことができて、メンテナンスもしやすいですし、とても良かったです。

コンセプトワードがリノベを進めやすく

―内装のコンセプトが「Vintage」ということで、家具もビンテージテイストで揃えられていますね。

以前はインテリアに一切興味がありませんでした。今回「間取れる」がきっかけで、自分はこういう雰囲気が好きなんだと認識して、内装に合う家具を買い揃えたんです。「ビンテージ インテリア」と検索すれば、雰囲気に合った家具がすぐに見つかります。コンセプトの言葉があることでラクに探せました。

それから「Vintage」とコンセプトが決まっていることで、プランナーさんからの提案も、雰囲気が統一されていました。

例えば、キッチンの色は、こちらからのリクエストではありませんでしたが、自分好みのブラックで提案をもらいました。洗面所の床も、色合いがおしゃれで気に入っています。こういう色合いは、すでに出来上がっている物件だとなかなかないと思うので、「間取れる」ならではの良さかなと思います。
 

リノベーションの知識がなくても不安なく進められた

―今回、「間取れる」を利用してリノベーションされてみて、どのような感想をお持ちでしょうか?

4つのプランがあることで、一つをベースとして選び、他のプランの良いと思ったところを少しずつ取り入れる、というやり方ができたのがよかったです。スケルトンからのリノベーションって、業者の探し方から大変そうですし、情報や知識がないと失敗してしまいそうですが、その点「間取れる」は、難易度が格段に低いのではないでしょうか。

数センチ単位で調整をお願いしたり、浴室のサイズを大きくして向きを変えるといった注文もしましたが、柔軟に対応してもらえましたし、結果的に、当初想定していたリノベーション費用より安く収めてくださったのも、満足度が高いです。何より、自分の理想通りに仕上がっていくのが楽しかったですね。

 

自転車、音楽など多趣味なMさま。今回のリノベーションを機に、インテリアが新しい趣味として加わったようです。こだわりが詰まった住まいを拠点に、Mさまの暮らしは、これからもっと豊かに広がっていくことでしょう。

MYPLACE