キラリエ収納

お問い合わせ

キラリエ収納シリーズ

収納スッキリ!
キラリと輝き続ける住まいで、
毎日がずっと輝く

収納は面積ではなく
効率で選ぶ。

今まで、広いのに越したことはない、
というのが常識だった「収納」。
でも、収納面積を広くすればするほど、
その分居住スペースが狭くなってしまうことに。
そこで、目をつけたのが、「収納効率」です。
空間を徹底的に効率よく使うことで、
居住スペースを狭めなくても、
高い収納力を発揮することができます。
目指したのは、キラリと輝くような、スッキリとした住まい。
ごちゃごちゃから解放されたそんな住まいなら、
笑顔で毎日を過ごすことができて、
人生がもっとステキに輝くはずです。

キラリエ収納 3つの効果

  • 経済的効果
    経済的効果

    今ある物が一目で分かるので、同じものを買ってしまったり、賞味期限切れになってしまったり、といった心配が少なくなり、ムダな出費を抑えます。

  • 時間的効果
    時間的効果

    「あれがない!これがない!」といった探し物に費やす時間が圧倒的に減り、その分の時間を有意義に使うことができます。

  • 精神的効果
    精神的効果

    探すストレスから解放され、いつも笑顔で過ごすことができます。さらに、人を招くことも楽しくなり、より毎日の生活がステキなものになります。

キラリエ収納 / 整理整頓のプロ集団「インブルーム株式会社」のお片付けコンシェルジュがプロデュース
インブルーム株式会社 整理収納サービス事業部 マネージャー 法人営業 伊坪 美和 氏
インブルーム株式会社 整理収納サービス事業部
マネージャー 法人営業
伊坪 美和 氏

9年前に整理収納アドバイザーの資格に出会い、片付け理論を学び、ノーリバウンド収納を取得。
大阪出身でチャキチャキタイプの面倒臭がりや。
だからこそ、「面倒くさがりやの、面倒くさがりによる、面倒くさがりのためのお片付け」をモットーに時短片付けを提唱。

<資格>
  • 整理収納アドバイザー1級
  • 企業内整理収納マネージャー
  • ファイリングデザイナー2級
  • パーソナルカウンセラー
<メディア>
  • 「ガイアの夜明け」(テレビ東京)
  • 「Mart」(光文社)
<実績>
  • マンションモデルルーム収納コーディネート多数
  • マンション収納ディテール監修多数
  • 収納グッズメーカ商品監修
  • テレビ・雑誌撮影アシスタント経験多数

Works施工事例

Case 01

Kitchen 見た目も美しく、最小限の動きで作業できる、時短キッチン
  • キッチンはコックピットと同じ。動かずに作業できるのが理想です。
  • キッチンと一言で言っても、コンロ・作業場・シンクで使うものが違います。
    その使用用途に合ったものを、それぞれの下に収納します。
Kitchen 全景
Living Room 物を使う目的に合わせ、グループ分けして収納します
  • 2つある収納は、動線を考え、左側にはリビングで使うもの、右側にはキッチンで使うものをしまいます。
  • 物の定位置が徹底的に決まっているから、そこから出してそこにしまうだけで、いつもキレイな状態に。
    物を探すムダな時間がなくなります。
Living Room 収納全景
収納1 (リビング側)
  1. #01

    取扱説明書・書類・アルバムなど、
    普段使わないものは上に。

  2. #02

    救急箱や診察券ケースも定位置があれば、
    いざという時すぐに取り出せます。

  3. #03

    メイクをリビングでも洗面室でもどちらでも
    できるように、持ち運びやすいポーチを設置。

  4. #04

    レジャーシートとクーラーボックスは、
    お出かけグッズとして一まとめに。

  5. #05

    リビングで勉強するお子さまの文具・本・ノートなどを
    「リビング学習セット」として収納。

  6. #06

    文具ストック・耳かき・爪切り・電池・工具といった
    リビングでよく使うグッズは、小分けして収納。

  7. #07

    アイロンセット・日用品ストックといった家事に使うグッズは、まとめておきます。

  8. #08

    新聞入れの近くに紐をおいておけば、
    まとめてゴミ出しする時も動きにムダがありません。

収納2 (キッチン側)
  1. #09

    災害時の持ち出しセットを、
    分かりやすい位置に常備しておけば安心です。

  2. #10

    キッチンに置くとかさばるキッチンペーパーの
    ストックは、キッチンに近い場所に。

  3. #11

    調味料・乾物・お菓子・お茶・コーヒーといった
    保管食品は、一番取り出しやすい中段に。

  4. #12

    ワインクーラー・紙皿・ナプキンなどの来客セットは、
    来客時の動線を考え、キッチン側に収納。

  5. #13

    水・お酒などの重い飲料は、
    一番下にストックしておきます。

Walk-in-Closet 機能性を追求した、美クローゼット
  • 物を詰め込んでいるようで、意外とあるデッドスペースを有効活用し、収納力を高めます。
  • 衣装ケースの寸法等を計算。人が入って作業しやすく、見た目もスッキリして美しい収納を実現します。
  • ※掲載の室内写真は、2019 年8 月に撮影されたものです。
  • ※人物が映っている写真はイメージです。
  • ※間取りと現況が異なる場合、現況を優先いたします。